ブログ掲載商品はこちらをクリック!

有事の金を積立投資!保管方法や手数料について

読みたいところへどうぞ

わたしの金投資

2017年4月よりプラチナを田中貴金属さんで毎月積み立てています。

積立額は1万円。その時々の情勢に合わせて金とプラチナの割合を変えています。

2020年のコロナ禍では金が急騰!もともと金:プラチナを7:3の割合で積立てしていましたが、プラチナの割合増やし、1:1(5000円ずつ)に変更。

ママコアラ

2021年に入り、プラチナが高騰したため、現在は、金:プラチナを7:3で積立中です!

一般的には保有資産の10~15%を金で保有することが推奨されているそうですが、積立なのでそこは気にせずやっています。

なぜ金投資をしているか?

私が金投資をする理由は以下の通りです。

  • 科学の進歩にあわせて世界全体が豊かになり、これまで金を買えなかったような国(新興国)の人々が金を欲しがると考えるから。私の主観ですが、新興国は“宝飾品としての金”を好きな傾向にあると考えている。
  • インフレのリスクヘッジとして。
  • 地球上にある採掘可能な金の量には限界があるので、近い将来に今の在庫を再利用せざるを得なくなったとしたら、金の価値がもっとあがるかな?と期待するから。
ママコアラ

かつて私は、「金グラム7000円信者なんです!!」と言ってたのですが、コロナのおかげで一時的に7000円突破したんですね。まさに有事の金!

なぜプラチナ投資をしているか?

プラチナは本来は金よりも希少価値がある(18分の1)はずなのですが、環境問題のため、プラチナの主たる消費分野である自動車排ガス浄化装置向けの消費が減少していること、中国の宝飾向け需要が減少していることが主な原因で、その価格が低迷しています。

しかし、新エネルギーにプラチナが必要になり、需要が増す可能性があるそうなので、大化けを期待してプラチナ積立もしています。

プラチナ大化け期待の記事はこちら

同じ工業用の貴金属パラジウムが、プラチナに比べて異常に急騰していること、今後工業用にプラチナ需要が高まり価値があがると中国の宝飾向け需要も戻るのではないか?というママコアラの思惑もあります。

ママコアラ

プラチナとダイヤの相性って女子的には最高じゃん!

パラジウムが高すぎるのでプラチナ回帰が起こる?→こちら

ママコアラ

やっぱり逆張りは楽しい!今安いものを仕込んでニンマリするのって最高♡

現在の積み立て状況(2020年7月現在)

プラチナ
平均取得単価5422円/g3640円/g
損益+84027円-7313円
地金残高51.67686g35.85087g

(2021年1月現在)

新エネルギーのプラチナ需要期待のためなのか、プラチナが4000円を回復したので、2万ほどの含み益になっていました。

株価暴落の際に有事の金は強いのですが、暴落直後は換金売りのために一時的に金が暴落するそうです。コロナショックの時もそうでした。

ママコアラ

次に○○ショックが起こった場合は、金の押し目も拾いたいです!

金投資をして金に興味をもつことで株投資にも役立つし、金も手に入る!やっぱり金投資最高と思っています。

ママコアラ

金とプラチナは、実は将来現物に変えて、息子たちの未来のお嫁さんにアクセサリーとしてプレゼントしたいなと思っています!

金の保管方法や手数料は?

貴金属を積み立てる場合、取り扱い会社によって保管方法や手数料に違いがあるのでご注意ください。

私は、特定保管(取り扱い会社が倒産しても、購入した貴金属は100%手元にもどる)にこだわったため手数料は高めです。月1万円の積み立てに対し250円(田中貴金属 2020年7月)の手数料がかかります。

もう一つの保管方法は、消費寄託(取り扱い会社に購入した貴金属の所有権が移転するため、顧客はその返還を請求できる権利をもつ)です。倒産リスクが伴いますが、手数料が比較的安くなるというメリットがあります。

ママコアラ

金は長期投資と考えているので、特定保管にしました!

金投資には金ETF(上場投資信託)を買うという方法や、金相場が大きく動くときは、フジトミのような金取り扱い会社の株を買って短期勝負にでるという方法もあります。

金投資については、東証のサイトに詳しくまとめられています。

プロも勧める金投資

こちらの本を参考に書きます☟

アブダビ投資庁の元日本株ファンドマネジャーにして、ジム・ロジャーズの弟子である林則行さんの「株の暴落サインを見抜く方法」という著書には、

2014年末~2020年末の6年間で

  • 金は6年間で58%上昇(ドル建て)
  • 金は上昇過程で最大16%の下落にとどまった
  • NYダウ、GAFA、日本株も大きく上がったが、途中で3割超えの下落があった

と書かれていました。

※ちなみにダウは72%、日経は57%と金以上に上昇しています。

ここでのポイントは金の下落率の低さです!積立はやっぱりほったらかしが吉!下落率が低い方が、安心して積立投資できます!

また、著者の林則行さんは「金には長期上昇を支える公式がある」とおっしゃっていました。

「通貨の伸び>経済の伸び」が金価格を押し上げる

通貨>経済>金の生産量

これは伸び率を順番に表したものだそうです。

伸び率が低いもの程希少価値がでて、価格が上昇するということだそうです。

ママコアラ

コロナ後の金融相場、金余り…。まさに納得せざるを得ませんね。

今後の金に期待をしつつ、ゆる~っと金投資を続けていこうと思います‼

最後までお読みいただきありがとうございました!

自分が相場に対して過度に楽観的になっていないか、常に自問自答する必要がある逆張り投資!そのために、この本はを時々読み返そうと思います。

デフォルトについても詳しく書かれており、とても勉強になりました。

投資助言業無資格者です。私個人の投資状況と感想を公表しているだけで、金投資を薦めるものではございません。投資は自己判断でおねがいします。

よかったらシェアしてね!
読みたいところへどうぞ
閉じる