ブログ掲載商品はこちらをクリック!

子供をオンライン英会話(英語)に集中させる効果的な方法!

ジャンプできます

子供がオンライン英会話に集中しない

兄コアラは3歳のころからオンライン英会話を受けてるのですが、基本的に集中が足りません。

だからといって、辞めちゃうとアウトプットの場がなくなるで、それもしたくない…。

一応英語力は伸びていますが、授業料がもったいないなと悩む毎日なのです。

人懐っこい兄コアラは、画面の中のお兄さん、お姉さんと楽しくおしゃべりしたくて仕方がないようで、授業の時間になると先生に見せたいおもちゃを持ってきてスタンバイ。

そこから日本語でおもちゃの紹介タイムが始まります。

ママコアラ

先生は英語の授業に導こうと頑張ってくれるのですが、兄コアラの脱線パワーがすごくて…。
「ちゃんとやらないならやめる?」と怒ってしまう毎日です。

ママコアラ

どうやったらオンライン英会話に集中してくれるのか?今回はこれを調べてみます!

息子の英語レベルはこちら☟

子供の集中力はどれくらい?

一般的には、子供の集中力の目安は

  • 幼児期 年齢+1分
  • 小学校低学年 15分程度
  • 小学校高学年 30分程度

5歳なら6分、6歳なら7分といった具合になります。

ママコアラ

兄コアラは小学一年生なので、オンライン英会話が20分としたら、おおむね集中できるはず!!
しかし、現状全く集中できていません…。

子供を集中させてくれる先生の選び方

オンライン英語の授業に集中するのが難しい兄コアラですが、その兄コアラを授業に集中させてくれる先生も中にはいらっしゃいます。

先日、兄コアラがオンライン英語の授業中に小学校の宿題をやろうとするという暴挙にでたわけですが(笑)、

その時の先生は、

「じゃあ、内容を変えよう!クイズね」と授業の流れを一新!

クイズとなると、兄コアラの食いつきは100%。

クイズといっても授業から大きく脱線したものではなく、わりと長めの英文を先生が話して、

「日本語で何と言ってた?」と質問するものでした。それでも兄コアラはうれしそうに答えていました。

おそらく英語を話すのはしんどいと思っている兄コアラ。

その特性を見抜き、バイリンガル講師のメリットを使った上手な授業だなと思いました。

あえて日本語を許可することで授業にひきつける。英語を日本語に訳させるというだけで別にクイズではないのですが、「クイズ」と表現することで楽しいと思わせる、とてもうまいやり方だなと思いました。

ママコアラ

ところで先生達は、子供を集中させるためにどんな工夫をしているのでしょうか?

子供のオンライン英会話サービスの中で、バイリンガル日本人講師の採用を行っている数少ないスクールである「GLOBAL CROWN」代表の道村さんによると、

子供に飽きさせないためには、画面上で動きを大きくすることが大事だそうです。

オンライン英会話では、画面ごしでの会話になり、実際に子供たちの手や体に触れることはできません。
だからこそ、画面の中でできるジェスチャーや声の抑揚はふんだんに取り入れるべきで、そのためには、いつもよりテンションを1.5倍くらい高く、と心がけています。

大人であれば画面上で淡々と話しても相手は聞いてくれますが、子供はそうはいきません。
抑揚や動きのないレッスンでは子供たちはつまらないし集中もできません。

例えば、拍手をするときは、子供がよく見えるように、講師の顔の横で拍手をする。
顔を近づけたり遠ざけたりすることによって、画面に動きが出て面白くなる。

引用元:英会話講師.com

我が家もグローバルクラウンを利用中です☟

英会話教室で有名なECCさんは、子供が飽きない工夫として、

  1. 歌う
  2. 励ます
  3. ジェスチャー

をあげていました。

ママコアラ

なるほど!先生が選べるシステムのオンライン英会話会社を使ってる方は、ぜひその視点で先生選びをしてみてください。

子ども専用オンライン英会話【GLOBAL CROWN】

授業に集中させるためにはじめたこと

環境づくり

リビングで授業を受けていましたが、リビングにはおもちゃや本がたくさんあるので、集中できる環境ではなかったかもしれないと反省し、テレビの部屋(テレビと机しかない)で受講させることにしました。

ママコアラ

テレビの部屋での授業は効果的でした。
おもちゃが視界に入らないので、兄コアラ恒例のおもちゃ紹介がありませんでした!

気持ちの切り替えタイムをつくる

ママコアラ

いつも授業の直前ギリギリまで遊んでいたり、違うことをしていました。
子供は気持ちの切り替えが苦手ということを忘れていました。

授業が始まる5~10分前には、授業を受ける準備に入ることにしました。

我が家が受講しているグローバルクラウンは、アプリで授業を受けるスタイルなのですが、そのアプリに英文や英単語のテストが入っています。

それを授業前にやることにしました。授業前から気持ちを英語モードにするようにしました。

先生に希望を伝える

授業中でも子供が集中していないと思ったら、子供が集中する方法を先生に直接提案していく(兄コアラの場合はクイズ形式が鉄板)。

また、会社によってはメールなので要望をだせるようになっているのでそれを利用する。

ママコアラ

さっそくメールで「集中していないときはクイズ形式にしてください」と依頼しました。

するとすぐに返信があり、先生達と情報共有してくださるとのこと!ありがたいです。

グローバルクラウンは、いつもお問い合わせのレスポンスがはやいので、とても助かっています!

英会話の成果を可視化する

他の子より英語ができるんだという優越感・満足感は学習継続の原動力になると思っているので、英検ジュニアを受けてその成果を実感させてあげようと思っています。成果を実感させるための試験なので、かならず合格できるレベルから始めたいと思っています。

グローバルクラウンでは、今の英語レベルが英検だと何級ぐらいなのか、その目安を教えてくれます。

我が家も利用中のおすすめオンライン英会話はこちら☟

あとがき

小学生になったといっても、まだ長時間集中するのが難しい年齢…。

親側が努力しても集中が途切れることはあると思います。

しかし、オンライン英会話をやめてアウトプットの機会を失うのはもったいないので、いつかバイリンガルになる日を夢見て気長に続けていきたいと思います。

ママコアラ

イライラせずにがんばれ!私!

兄コアラのオンライン英会話遍歴(5社の比較)

今まで利用したことのある会社についてまとめています☟

よかったらシェアしてね!
ジャンプできます
閉じる