ブログ掲載商品はこちらをクリック!

株の売り時はいつ?売り時の判断はどうする?

ママコアラ

こんにちは!ママコアラです!

自分なりの銘柄分析、買いたい銘柄の選択、買いタイミングなど、「買う」ことに関しては、わりと情報も豊富で勉強もしやすいと思います。

しかし、ちょっと投資経験を重ねると(とはいっても初心者の域をでませんが…w)、

ママコアラ

もしかして、「売り」の方が難しいんじゃない?

と思いはじめませんか?

ママコアラ

ええ…。今そこに悩んでいるのです。

株は後出しでの感想はいくらでも言えるのです!だからこそ、「売らなきゃよかった」や「売っておけばよかった」ばかりの毎日です…。

ママコアラ

そこで今回は売りタイミングの取り方について調べてみます!

ジャンプできます

売り時を見極める材料

一般的なものとして、

  • 目標利益の額や目標収益率(投資元本に対する利益の割合)を達成した
  • 想定していた投資期間が過ぎた
  • 買い理由(エントリー理由)から逸脱した
  • 企業業績の悪化、ファンダメンタルズの悪化
  • チャートが崩れた
  • 出来高や信用データなどの需給の悪化
  • 季節やアノマリーに合わせて売却
  • 税金対策のための売却(損出し)
  • ロスカット(損切り)

などがあるかと思います。

私は「チャートが崩れた」「需給の悪化」で売り時の判断をすることはありません。※逆張りの場合

なので、それ以外を考察していきます!

私の株の売り時

目標収益率を達成した

逆張りのバイブル「カウンターゲーム」に従い、株価が取得単価より50%上がったところで売ることを一つの基準にしています。逆張りは、下落トレンドで買いに向かう行為。

ひとまずは50%の利益で満足するという感覚を忘れないようにしたいです。

もちろん、グロース株のように成長が見込める場合は、一部を50%高で売り、残りで「利」を伸ばすという方法を取っています。

ママコアラ

GREEDYになりすぎると、足元救われます。過剰な欲は群集と同じ行動をとることにつながる!

「利食い千人力」

含み益は確定してこそ、自分のものになります。

想定していた投資期間が過ぎた

基本的に、不祥事や一時的な業績の悪化等でエントリーした逆張り株は3年以内に売却します。

人が悪材料を忘れるのには、3年の年月がかかるというデータがあるそうです。ということは、3年たっても上げない株は、悪材料からの反発期待が薄いということになります。

もちろん、株価も業績も成長している株は3年売却ルールの対象外です!

買い理由から逸脱した

ママコアラ

これが私が一番重視したい売り理由です!

「いい商品!」だと思ってお店で買ってきたけど、いざ使ってみると「ちょっと違う」なんてことよくありますよね?そんなときは、メルカリで売ったり、人にあげたりしませんか?

株も同じ!

買った理由から逸脱しているものを持ち続けるのは不自然です!

しかも株の場合、

買った理由から逸脱しているのにも関わらずホールドしつづけると、そこには過剰な期待が発生します。

ママコアラ

「違う好材料があるかもしれない!」と自分に都合のいい情報のみ検索し、安心する…。

あるあるですね。

私は「買い理由からの逸脱」を売り理由として一番重視しています!

なぜかというと「自己コントロール感が高まる」からです。

株価が上昇していたり、配当や優待がもらえたりすると、「やっぱり売りたくない!」という気持ちになるものです。

その気持ちをおさえて、ルール通りに自分の投資を遂行することは、長い目で見ると大きな利益をもたらす行為だと思っています。

体験談をツイートしています☟

https://twitter.com/koalafamily123/status/1410809101605474304

企業業績の悪化

需給や地合いに個別株は左右されますが、最終的には企業業績に収束すると考えているので、業績が悪化した株をもつ意味はありません。

2回決算こけたら、必ず売却します!

季節的アノマリーに合わせて売る

アノマリー(経験則でわかっていること)をすべて覚えるのは大変なので、私がチェックするのは季節的アノマリーが主なものになります。

ママコアラ

季節的アノマリーを意識はしますが、これだけを売り理由にすることはありません。

「十分利益もとれたし、いつ売ろう?と考えていた株を、夏が来る前に手じまいする」といった感じで、アノマリーを参考にする程度です。

季節的アノマリーはこちらのサイトがわかりやすいです。

損出し

損出しとは、税金対策のため年末に損を確定する(損切り、ロスカット)することです。

確定利益がある場合に、「なかなか上がらないな」「ずいぶんと長く塩漬けしているな」というような株をロスカットすると、損益通算されます(税が戻ってくる)。

ママコアラ

これを利用しない手はないです!

最終取引日(大納会)の2営業日前である最終受渡日までに売却する必要があります!

損切り(ロスカット)

私の損切りルールはこちらに詳しく書いています☟

ママコアラ

逆張りするならこの1冊!

売り時のルール決めも、逆張り投資のバイブル「カウンターゲーム」を参考にしています☟

同値撤退

株価が20%も上昇したのに、損失で終わるようなことはあってはならない

引用:1勝4敗でもしっかり儲ける 新高根ブレイク投資術  東洋経済新報社 DUKE著

20%高というのは、利確するとそこそこまとまったお金が手に入ります。しかし、それを逃してホールドし、さらに含み損に転落…となってしまうと、メンタルへのダメージはかなり大きい!

それを防ぐためにも、「20%上がった株は、最低でも同値撤退する!」というルールを取りいれています。

順張りの売りタイミングはこちら☟

よかったらシェアしてね!
ジャンプできます
閉じる