楽天ROOM 毎日更新中

名著に学ぶ!私の損切り(ロスカット)ルール、タイミング、目安

こちらから読みたいところへどうぞ

損切りとは?

損切りとは、買値より株価が下落し、含み損を抱えている株式を売却して損失を確定させることです。

ママコアラ

損切りはメンタル的にとても難しいんです。損を確定させることで、もうそのお金は戻ってこないと痛感するし、自分の投資が間違っていたと実感し落ち込みます…。

ツイッターでフォロワーの皆様に、損切りルールはどうしているかアンケートをとると、

5%10%と下落率で決めている14%
10万など金額で決めている21%
損切りラインを決めていない43%
損切りしない21%

損切りしないという強者が2割もいました!

とはいえ、私も損切りあんまりしない方です…。損切り貧乏とか言うし…(言い訳)

ママコアラ

しかし、損切りをちゃんとしてあがる株に資金を移したいので、今回は損切りについて考えていきます。

損切りについて書かれた投資本

生き残りのディーリングの著者 矢口新氏は、

アゲインストのポジションは、持ってはならないものなのです。アゲインストのポジションからは、まともなものは何一つ生み出せません。必要以上のエネルギーを浪費させ、相場観を狂わせ、機会利益を減少させ、ひいては取り返せないほどの損を抱える危険をはらんでいるのです。

評価損は、実現損より性質が悪いのです。実現損は過去の損ですが、評価損は生きています。これからどこまでも成長する可能性を秘めています。また、損をきれないことを正当化するための相場観が用意されます。

引用文献:パンローリング社 実践生き残りのディーリング 矢口新 著

この文を読んで一番怖いことは、含み損は生きているということではありません。

自分の中に、含み損を正当化するための相場観ができてしまうということです。これでは損をしている銘柄だけでなく、他の銘柄や今後の投資にも影響が及びます。

また、含み損銘柄でパンパンだと、買い場が到来したときに余力が足りず買いにむかえません‼

損切りについて書かれた名著はこちら☟

デイトレードの著者 オリバーとグレッグ氏は、

損失をコントロールすることだけに注目する熟練トレーダーは常に成功する。

負けをコントロールすることができるようになれば、勝ちを求める必要もなくなる。勝利はひとりでについてくるのである。

引用文献:日経BP社 オリバー・ベレス/グレッグ・カプラ著

勝つ銘柄を探すより、負けをコントロールすれば勝てるということ!!衝撃的です。

しかし、損失確定の決断の際には葛藤があり、自分の心がそれを邪魔します。やはり損切りは機械的にやるのがいいのかもしれません。

デイトレしなくても一読の価値あり☟

私は損切りが苦手

私が逆張り投資をしている理由の一つに、損切りが苦手ということがあります。逆張りでしっかり暴落をしているものを買うことで、損切りを避けています。

もともと私はカウンターゲームという逆張り投資の指南書を参考に、損切りラインを25%下落に設定していました。

しかし、分散投資をすすめる名著カウンターゲームとは異なり、私は集中投資をしていました。

そうすると、資金が集中している銘柄は25%下落に到達するまでもなく、かなりの含み損を抱えてしまいます。いざ25%下落となった時には、金額が大きすぎてもう損切りする気持ちにはなれません…。

損切りは通常でも心理的負荷がかかるのに、集中投資をしている銘柄の損切りなんてとても無理です…。

分散投資をしていれば、25%下落でも大きな金額になることなく、メンタルに負担をかけずに損切りができるのではないか?

ママコアラ

そこで、私は損切りのためにポートフォリオを見直すことにしました。

逆張り投資をするなら一読を☟

損切りしやすいポートフォリオ

ポートフォリオ:どの銘柄をどの程度もっているかというバランス(組み合わせ)、PFともいわれる

損切りしやすいポートフォリオ??

ポートフォリオと言えば、内需株と外需株を合わせるとか、バリューとグロースを合わせるなどの方法が思いつきますが、

私は損切りしやすいということを第一に考えたポートフォリオを組むことにしました。

損切りしやすいポートフォリオとは、つまり分散です。

ママコアラ

月並みですみません。

私は逆張り投資家なので、下落途中の株を買います。ということは、ある程度損切りラインを下げておかないと、すぐに損切りラインに引っ掛かってしまいます。

逆張りでも、上昇のサインがあれば買うというスタイルなら、10%あたりに損切りラインを置いてもいいかもしれません。

しかし、私は兼業投資家で兼業主婦なのです。忙しくて細かく値動きを追えません‼

そのため上昇サインを待っていたら、買うタイミングを逃しかねないのです。したがって、買ってから少し下がるのは許容範囲としています。

そうすると、損切りラインは少し緩く25%となってしまいます。しかし25%の損切りラインというと、200万円の株なら50万円の損切りをするということです。

ママコアラ

私に50万の損切りをする勇気はないです…

そこで、25%を損切りラインにする以上、分散投資は必要だと考えなおしました。

ここでもまた、カウンターゲームに従い、

一つの銘柄はPFの5%前後にとどめる!

ことにしました。

ちなみにカウンターゲームの著者 アンソニー氏は、

  • 一つの銘柄は5%以上にしない(できれば3%)
  • 同じセクター、テーマの株はトータルで20%にとどめる(できれば10%)

ともおっしゃっています。

そこも意識していこうと思います!

逆張りのバイブル☟

損切りラインは?

これまで損切りラインは25%と述べてきましたが、

ママコアラ

例外があります‼

それは、直近1年の高値から50%暴落した株価でエントリーしていない銘柄の損切りです。

その場合、さらに株価が下がる可能性を考慮して、25%下落を待たずに損切りします。

具体的には、

高値1500円の株が1000円になったときに購入したら、下落率は33%、

その場合の損切りラインは16.5%とします。

もともと一律25%を損切りラインに置いていたのですが、50%暴落を待たずに買った株の含み損が大きいことに気がついて、この方法を追加しました。

基本的には25%下落で損切り!

50%暴落を待たずエントリーした銘柄は、直近1年高値からの下落率の1/2で損切り!

逆指値と損切りラインを使って、心理的に難しい損切りを機械的に行っていきたいと思います!

ママコアラ

損失をコントロールして、私も勝ち組投資家になりたい!

私の銘柄選び・買いタイミング・売りタイミングの方法はこちら☟

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらから読みたいところへどうぞ
閉じる