楽天ROOM 毎日更新中

私のかなりざっくりな決算書の読み方

こちらから読みたいところへどうぞ

まえおき

私は、決算短信がでると一通り目は通しますが、軽く見る程度であまり読み込みません。

ママコアラ

なんだか難しそうだし、数字多いし、読むの時間かかりそうだし…

でも、もしもっと決算書を理解できるようになったら、もっと投資が面白くなりそう!と思い調べなおしてみました。

ママコアラ

私は経済素人なので、自分の忘備録としてこの記事を記載しています。参考にはなりませんのであしからず!

有名個人投資家件医師のインヴェスドクターさん推薦のこちらの本を参考に記事を書いていきます。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

決算書とは

倒産しそうな会社なのか、健全な会社なのかを知るための道具!会社のお金のサイクルを知るために見ます。

決算書は専門的には財務諸表と呼ばれ、

  • 賃借対照表
  • 損益計算書
  • キャッシュフロー計算書
  • 営業報告書
  • 利益処分計算書
  • 附属明細表

の6種あります。特に上の3つは(賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)を財務三表といわれ重要視されています。

ママコアラ

財務諸表って6つもあったんだ!私は財務三表しか見ません!無知な部分は分散投資でリスクヘッジすればいいと考えています。
知識豊富な人が成功するとは限らない投資の世界。情報は取捨選択していきたいですね。

賃借対照表

バランスシート、B/Sと表記されることもあります。

賃借対照表は、企業の期末における財務状態を示す決算書で、会社の財産と借金が一目でわかるようになっています。

左側
右側で集めた資金をどういう形で持っているかを表す部分
右側
会社が事業資金をどうやって集めたかを表す部分
資産の部

(流動資産)
1年以内に現金化できる資産

・現金
・有価証券
・棚卸資産(商品在庫)
・入金予定の商品代金(売掛金)

(固定資産)
簡単に現金化できない資産

・社屋や工場など不動産
・特許権、営業権など形のないもの
・長期保有株(子会社への出資など)



負債の部
返済義務のある借金

(流動負債)
1年以内に返済しないといけない負債

・短期借入金(銀行から借りるなど)
・後払いの商品代金(買掛金)

(固定負債)
すぐに返済しなくてもよい負債

・長期借入金(銀行から借りるなど)

純資産の部
返済する必要のないお金

・株を発行して投資家から集める
・事業で儲ける
資産合計 100万円負債純資産合計 100万円
ママコアラ

資産合計負債純資産合計になっています。右側をみてから、左側をみると、「調達した資金をどのように運用したか?」がわかり、左側をみてから右側をみると、「今ある資産はどうやって調達されたか?」がわかります。

無借金経営は可能であるが、ビジネスを行う上で、売掛金・買掛金(代金の後払い)は仕方がないため負債がゼロの企業を探すのは困難です。

「健全な会社は負債より純資産の割合が多く、危険な会社は純資産より極端に負債が多い」というのは、イメージしやすいですが、少し抽象的ですよね。

賃借対照表と損益計算書の組み合わせて、収益性、支払い能力、緊急支払い能力(換金性の高い資産の割合)未入金量、在庫の適正度、設備投資への支払い能力などがわかります。

計算も簡単だし、一度計算式を覚えてしまうと、あとはいろんな会社の賃借対照表と売上高をみて計算するだけなので、難しいことはないのですが、

ママコアラ

そこまで時間をかける暇と気力がないっ!調べたい会社は四季報を読むたび何十社と出てきます。ワーママにはつらいです。

そこで細かいことはスルーし、私は「金回りの良し悪し」と「自己資本比率」だけに注目します。

ママコアラ

スルーしてるとこ重要やん!という突っ込みはおやめください。

いくら売上があっても金回りが悪いと、資金がショートしてしまいます。そうならないためにうは、すぐに支払わなければならない借金(流動負債)よりすぐに現金化できる資産(流動資産)を多く持っている必要があります。

そこで流動比率をチェックします。

流動比率=流動資産÷流動負債×100

流動比率はどれくらいがいいかというと、

  • 理想は200%
  • 標準は150%
  • 100%を切ると資金繰りが厳しくなり要注意

ただし、流動資産には不確定要素もあります。棚卸資産は、売れない商品在庫かもしれないし、売掛金は、回収困難かもしれない。そこで当座比率といって、もっとシビアに短期の金回りの良し悪しを判断する指標もありますが、私はそこはみません。

ママコアラ

え~そこみないの?と言わないでくださいね。しっかり業績が伸びている企業、決算後の暴落でIN、銘柄の分散等、無知のリスクヘッジはそこでとっています。

自己資本比率とは、会社の安全性を見るための指標で、資産に占める純資産の割合のことです。自己資本比率が低いと負債が多く、自己資本比率が高いと、返済義務のないお金(自己資本)をたくさん持っていると考えられます。

※流動比率は短期の安全性を考えるための指標で、自己資本比率は中長期の安全性を考えるための指標となります。

自己資本比率=純資産÷(負債純資産)×100

決算書.comというサイトには、自己資本比率70%以上が優良企業、40%以上が倒産しにくい企業と書かれていました。

自己資本比率が高いということは、内部留保が多い(稼いだお金を貯めこんで、業績拡大のために投資をしていないというイメージ)というマイナスイメージにもつながります(実際、自己資本率は高いけど、投資には消極的で、業績が伸びていない可能性もある)。

株価の今後の上昇を期待するとするなら、高すぎる自己資本比率も考えものなのですが、私は賃借対照表では、「倒産するかしないか」の1点しか見ないので、自己資本比率は高ければ高いほどいいと考えています。

ママコアラ

私個人の考えなので、一般的ではないかもしれません。地合いや業績によって、自己資本比率のアセスメントをしています。例えば、「コロナショック下で業績ヨコヨコなら自己資本比率60%は欲しい」、「営業利益が20%で成長しているから自己資本比率は30%台でもいいかな」というような感じで、臨機応変に自分基準を変えています。

損益計算書

ママコアラ

損益計算書は、私が最重要視しているにも関わらず、端折りまくって読んでいる計算書です!

損益計算書では、本業で儲けたか、副業で儲けたかがわかるようになっています。ちなみに損益計算書はP/Lとも表記されます。

損益計算書には

  • 売上高:商品の販売やサービスの提供代金の総額
  • 売上総利益(粗利益):売上高から売上原価を引いた大雑把な利益
  • 営業利益:粗利益から、人件費、広告費用、家賃などの経費を引いて算出
  • 経常利益:本業以外の収支も含めた日常的な経営活動による利益
  • 税引前当期利益:営業とは関係ない、臨時に発生した利益や損失も計算して出す
  • 当期利益(純利益):税引前当期利益から税金を支払った残りの利益

が記載されています。

ママコアラ

私は、ズバリ、売上高と営業利益しかみません!!

著名なトレーダーさんのツイッターをみると、特別損失や特別利益(税引前当期利益)をチェックしたり、純利益の伸びを重視されている方もいらっしゃいます。

しかし、私は2人の息子のママなので、決算書と向き合うとの同じくらい、息子達に向き合わなくてはいけないのです。
なので、時短のために「効率よく儲けているかを知るために、売上高営業利益率をみる」、「業績の伸びを知るために、営業利益が前年より成長しているか」の2点をチェックします。
副業で儲けていたらラッキー、副業で損していたとしても本業が順調なら問題ないと考え、そのほかは一切チェックしません!

売上高営業利益率は、セクター(業種)によってばらつきがあります。私は「効率よく儲けている会社」「本業で儲けられている会社」に投資したいので、10%を基準に考えています。ただ10%にこだわると、IT企業が多めになってしまいます。

売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100

売上高営業利益率の基準は、

  • 製造業:5~6%
  • 流通業:2~2.5%
  • 小売業:5~6%

と、上記で紹介した本には書かれていました。

もう一つ私が見るのは、営業利益成長率です。四季報を見て、過去4年分の毎年の営業利益の伸び率、未来2年分の営業利益の予測をみて、毎年20%くらい伸びてたら監視銘柄に入れます。自分の中で、最低基準は10%にしているので、他の指標が良ければ10%でも監視銘柄に入れます。

また営業利益成長率が少しくらい悪くても、売上高営業利益率が年々あがっているなら、「何か努力をしているのかな?」と好意的にとらえます。

ママコアラ

これ以上、損益計算書は突き詰めません!いいのか悪いのかはわかりませんが、これがママコアラ流☆

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書ではお金の流れをしることができます。つまりお金のあるなしがわかります。キャッシュフロー計算書は、C/Fと表記されることもあります。

キャッシュフロー計算書には

  • 営業活動によるキャッシュフロー:売上、仕入れ、経費などの本業での営業活動上の収入と支出をまとめたもの
  • 投資活動によるキャッシュフロー:将来を見据えた固定資産の購入・売却などによるお金の増減を表す
  • 財務活動によるキャッシュフロー:借入やその返済など、キャッシュの不足を補うお金の増減を表す

「私でも面白いほどわかる決算書」(別冊宝島編集部)には、

営業活動:投資活動:財務活動が(+):(-):(-)かつ、その割合が8:1:1であると優良企業だと記載されていました。投資しない会社に成長はないし、ビジネスを行う上で借金も戦略なので、借金=悪ではなく、返済していれば問題ないので、キャッシュフロー計算書では企業のそういうところを見れるかなと思います。

ただ、私はキャッシュフロー計算書では、営業活動によるキャッシュフローが過去数年プラスで推移していれば合格としています。基本的にこの1点を重視します。

その他にもフリーキャッシュフローや現金・現金等価物という項目があります。フリーキャッシュフローはプラスが望ましいですが、ときどきマイナスに振れてるくらいは許容範囲としています。現金・現金等価物は、少しずつでも毎年増えてると良いと考えていますが、多少の上下は気にしません。

ママコアラ

こんな感じで決算書を見ています。「ママコアラ!重要なところ端折ってるな」と思われそうですが…。まだ勉強途中なので許してくださいね。なにかおすすめの決算書の見方があればぜひアドバイスください!

私は投資助言業無資格者です。この記事は忘備録として書いています。投資の際は自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらから読みたいところへどうぞ
閉じる