楽天ROOM 毎日更新中

将棋は心と脳を育て、受験に役立つ!

こちらから読みたいところへどうぞ

まえおき

私は、兄コアラと時々将棋を指すのですが、本気でやっても負けてしまいます。私に将棋のセンスがないことはわかっていますが、「もしかして兄コアラには将棋の才能がある?」と期待をしています。

息子に将棋をさせるなら、育脳家としては、やっぱりそのメリットを知りたい!

ママコアラ

そこで今回は将棋の育脳効果を調べてみました。

将棋の脳科学

理化学研究所脳科学総合研究センターでは、将棋を科学的に研究しているそうです将棋棋士の直観の脳科学的研究

その方法は羽生三冠をはじめとする棋士の皆さんに詰将棋の問題を1秒で解いてもらい、その際の脳の血流の変化を機能的MRIという機械で調べるというもの。

その結果、プロ棋士は、アマチュア棋士とは異なり「線条体」という部分が活性化していたそうです。

線条体の詳しい働きはまだわかっていないようですが、線条体は「反射」を司るとか…(素人情報かもしれません)

※こちらの研究には、富士通も参加。研究ページはこちら

線条体についてはこちらにわかりやすく書かれています。

ママコアラ

反射的(直観的)に物事を判断できるようになるためには、繰り返し訓練し、身体で覚えることが必要。そしてその訓練方法として、将棋はうってつけと理解しました!(主観です)

子供が将棋をすることのメリット

考える力・集中力がつく

女流棋士の中倉彰子さんは、将棋が好きになっても学業の成績があがるわけではないが、

「将棋を好き=考えることが好き」、そして「考えることが楽しい=学業にも有利に働く」とおっしゃっています。

さらに脳科学的に、「線条体が活性化する」ということは、集中力、意欲が高まること。やはり学業にもいい影響があるのでは?と推測します。

ママコアラ

水泳にしろ、積み木などの知育おもちゃにしろ、いくら脳に良くても、勉強ができるようになりたかったら、やはり勉強をしなくてはいけません!
育脳ブログを書いていると、そのあたりまえなことを忘れそうになるので、危険(笑)

メンタルコントロール力がつく

オセロもそうですが、負けた自分を受け入れ感情を取り乱さないということは、子供の心の成長にはぴったりだと思います。

しかも、将棋は「負けました」と自分で言わなければいけない。子供にとって、かなりきついことだと思います。

だからこそ、負けたら怒りで将棋盤をひっくり返す、兄コアラのような子供には、将棋はぴったりなのでは?と考えています。

有名棋士の羽生善治さんは「楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で」とおっしゃっています。つまり、将棋で勝つためには、常に平常心を保つ必要がある。心を鍛えるのに最適ですね。

ママコアラ

メンタルコントロールは、株投資にもかなり重要なので、私も将棋をやってみようかな?

受験勉強のプロセスと同じ

対局の後には、感想戦(局後の検討)といって、開始から終局まで、またはその一部を再現し、対局中の着手の善悪や、その局面における最善手などの検討をするそうです(ウィキペディア)

このプロセスは受験勉強と同じで、

問題を解いてみて、解答と照らし合わせて、正解なら喜び、不正解を残念に思って、自分の解き方について検討する。次に面白そうな問題(たいていの場合は「より難しい問題」)に挑み、同じプロセスを繰り返す。ミスについて自分はなぜ間違えたか、次にどうしたらいいかと考えることで、問題のポイントが頭に残る。

引用元:DIAMOND online様「局後の検討は受験勉強のメソッド」

これは、経済評論家の山崎元さんの記事ですが、筆者は同時に

「将棋思考」は、「マーケット」「マネジメント」といった経済の世界で重要な概念の理解には特段のプラスをもたらさない。

と、自身の経験や周りの方をみておっしゃっていました。

投資家的には、ちょっと残念です(笑)

受験勉強も、復習が大切!同じ間違いを二度と繰り返さないように間違いの内容を確認し、正解を覚える。

私は、受験勉強は、できない問題を一つずつ減らしていく作業だと思っています。

ママコアラ

将棋を通して、受験勉強のプロセスが学べたら素敵だなと思います。

マナーが学べる

将棋教室では、あいさつ・対局時の姿勢・後片付けなど、マナー・礼節についても指導していただけます。私は、こういうのを教えるの苦手なので(どうしても子供は自由が一番と思ってしまう)、将棋教室で教えて頂けるとうれしいなと思ってしまいます。

使用中の将棋盤

『NEWスタディ将棋』は、「将棋の駒の置きかたがわからない」「駒の動かしかたがわからない」「将棋のルールがわからない」というかたでも、すぐに遊ぶことができる人気商品。
リニューアル版には、「スキルアップブック」という冊子が付いており、[歩]のさまざまな使いかた、でんがく刺し、両取りなど、簡単なテクニックや戦法が掲載されています。
パワーアップした『NEWスタディ将棋』でより楽しく、考える力を養っていきましょう!

ママコアラ

駒の動かし方が書いてあるので、出してすぐ遊べます。子供はすぐ覚えられるかもしれませんが、私が無理なので(笑)重宝しています。

おすすめ将棋本

マンガで楽しく、そして羽生さんに教えてもらえるということで、こちらの本で勉強しています。

将棋教室

将棋連盟に登録されている将棋教室から、通うところを選ぼうかなと思っています。検索はこちら

あとがき

兄コアラの才能を信じて、将棋にはまってみようかなと思います。もちろん将棋の才能が開花しなくても、楽しい遊びの一つとして末永く楽しんでもらえたらいいなと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
こちらから読みたいところへどうぞ
閉じる