ブログ掲載商品はこちらをクリック!

恩株投資法で「配当・優待・貸株金利」を低リスクで貰い続ける!

ジャンプできます

恩株(おんかぶ)投資って何?

恩株とは、元本回収済みの保有株のこと。

簡単に言うと、

取得単価1000円で200株持っていた銘柄の株価が2000円になる

⇒保有している200株のうち半分の100株を売る

⇒値上がり幅1000円×100株で10万円の売却益を手に入れる

⇒まだ手元に100株保有しているが、取得単価1000円×100株で10万円のため、売却益と同額!

つまり、

残った保有株が紙切れになっても損することがない!

ママコアラ

取得費用は回収済みと考えます!

なので、ゆったりした気持ちで配当や優待をもらいながら保有を継続することができます。

もちろん売却益には税金がかかるので、上記の計算通りにはいきませんが、私は税金は考えずに恩株認定しています。

恩株にデメリットってある?

特にデメリットはないと思いますが、強いて言えば、値下がりした時に「あの時売っておけば良かった」と思う方もいるかもしれません。

ママコアラ

これ、私ですw

また、恩株を作るためには、200株以上の株を保有する必要があるので、ある程度の資金は必要になると思います。それに、株価が上がらないと恩株を作ることができないので、銘柄選定スキルが必要です!

安全な投資法ですが、誰でもできる投資法ではないのがデメリットかなと思います。

恩株の作り方

恩株を作るにはまず値上がりする株を見つけなければなりません。

成長株を順張りで育てるのもよし、悪材料株を逆張りで育てるのもよし!

ママコアラ

それが難しいんだってば!

ダブルバガーになった株を半分売るのが一番わかりやすい恩株の作り方ですが、

そもそもダブルバガーを見つけるのが難しい!

ママコアラ

そんな時は、50%(1.5倍)あがる株を恩株にしちゃいましょう!

例えば、

取得単価1000円で300株持っている株が1500円に値上がりした

⇒300株のうち200株を売却すると、売却益は10万円(値上がり幅500円×200株)

⇒残った保有株は取得単価1000円×100株なので10万円が原資。

売却益=原資(元の資金)となり恩株化成功‼

ママコアラ

50%高なら成長株でなくても、決算落ちや悪材料の逆張りで狙えますね!

たくさん買えば買うほど少しの値上がり幅で恩株化できますが、集中投資となりリスクが増すのでほどほどに!

私の保有している恩株

※2021年4月現在

恩株リスト

  1. ミズホメディ
  2. 環境管理センター
  3. テセック
  4. E・Jホールディングス

タダではいるお金

恩株から得られるお金は、

  1. 配当
  2. 優待
  3. 貸株金利(貸株料)

の3つがあります!

ママコアラ

貸株金利が結構美味しいです♡

私が1年間で恩株から受け取れるお金の概算です☟

配当
優待
貸株料
ミズホメディー2880043857
環境管理センター1600505
テセック6000498
E・J
ホールディングス
2700
1000
(クオカード)
113

※税引き前、予想配当(2021年5月時点)

配当と貸株料で87073円!+クオカード1000円

もちろんここから税金が引かれますが、恩株ってやっぱり最高ですね!

正確に言えば、配当を貰うために数日貸株を外さなければいけないので、貸株料が数日分減り、実際はこれより少なくなります。また貸株金利や保有株の時価総額が変動するので、貸株料は大きく変わる可能性があります。

貸し出した株数×その日の終値×貸株金利(%)÷365日=1日分の受取額

ママコアラ

少しずつ増やし、この表を更新していきます!

私は「すべての投資は投機」と考えているので、加齢による認知機能の低下を考慮し、60歳までにはインデックス投資を含むすべての投資を辞める予定でいるのですが、恩株だけは死ぬまでホールドしてもいいかなと思っています。

もちろん!

長期スパンで保有するので、その途中で経営が傾いたりすることがあるかもしれません。

ママコアラ

その時は躊躇なく売却します!

また、ゼロ金利時代に株を長期ホールドするメリットとして「高配当」であることは重要です。できるだけ利回り2%以上のものを恩株にしていきたいと思っています。

老後の年金として、恩株作りは今後も全力でがんばります!

恩株の保有割合

恩株と言えど、確定益ではないので、日々時価総額は変動し、含み益の増減にどうしても心が揺さぶられるものです…。

恩株化する瞬間は、株価が上がっている時でもあります。

ということは、その後下落する可能性があるわけです。

ママコアラ

減りゆく含み益のメンタルダメージを最小限にするために、恩株の保有割合をルール化することにしました。

恩株1銘柄あたり、PF総額の5%まで!

取得単価が低い場合、PF(ポートフォリオ・保有株)の5%まで保有OKとすると、恩株の枚数(株数)が多くなってしまい、売らない予定の恩株にPFの成績を大きく左右されることになります。

そこで、取得単価ベースで考えるのではなく、恩株化した時の時価総額がPFの5%までというルールにしました。

これで恩株がPFに与える影響を限定できるかなと思います!

ママコアラ

売らない予定の株に、投資成績を乱されたくないですからね!

私の恩株投資戦略・ルールのまとめ

  • 株価が50%高するものを狙う(逆張り戦略の場合、50%の利益で満足することは大切)
  • 配当利回りが2%以上あるものを狙う
  • 欲しい株主優待があるものを狙う
  • 1つの恩株銘柄はPFの5%まで(恩株化した瞬間の時価総額で考える)

優待や配当金を取りこぼさないためには、貸株の取り扱いは要注意!貸株をすることで、長期保有特典の優待がとれないこともあるようです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ママコアラ流、証券アプリの使い方はこちら☟

私は投資助言業無資格者です。この記事は投資をすすめるものではありません。投資の際は自己責任でお願い致します。

よかったらシェアしてね!
ジャンプできます
閉じる