ブログ掲載商品はこちらをクリック!

投資のNGルール!私が禁止にしている7つのこと!

読みたいところへどうぞ

私の投資スタンス

私が投資をやっている理由は、大きく儲けたい、試行錯誤が楽しいからであって、資産運用のためではありません!

人生観が変わるほどのお金を手にしてみたいのです(笑)

そのため下落相場では「空売り・ショート」をやりたい衝動に駆られるのですが、投資はシンプルにがモットーなので、空売りはしないと決めています。

ママコアラ

そこで今回は、私の投資の禁止ルールをまとめてみました!

私の投資手法はこちら☟

空売りはいたしません!

空売り(ショート):信用取引を利用して、株を借りて売ること。株価が高いときに借りた株を売って、株価が下がった時に安く株を買い戻すことでその差益を得る方法。

業績が悪い企業や不祥事を起こした企業を見つけたら、

ママコアラ

空売りしたら大儲けだろうな~

と思ってしまいますよね?

しかし、

どんな企業でも、株価を上げるように努力をしています。業績が悪くても、「株主還元のために自社株買い!」なんてニュースが突如でてくるかもしれません。

私に見えているものは限られていて、知らないことの方が多いのです!

こんな理由から、

空売り(ショート)はいたしません!

投資はただででも難しい。シンプルにやることだ!(オニール)

買いは家まで、売りは命まで

ママコアラ

怖い格言ですね…。

株価がゼロになったらそれ以上損しない「買い」とは違い、「売り」は、株価に上限がないのでどこまでも損が膨らむということです。

インバース(ベア)はいたしません!

インバース(ベア)というと、通常はETF(上場投資信託)の中の、インバース(ベア)ETFのことを指します。

私はこれを買わないルールにしています。

インバース(ベア)は日経平均、トピックスなどの指数と逆行した値動きになっています。

日経平均があがれば、日経平均のインバースETFは下落します。

コロナショックで株価が下がっていくのを目の当たりにした私は、インバースを買い漁りました!はじめのころは儲かっていましたが、日銀のETF買いや政府の現金ばらまきのため、株価は急回復。逆相関であるインバースは下落し、私は大損しました…。

インバースを買うということは、国や日銀に逆らう行為なのです‼

国を動かす賢人に勝てるわけもない凡人投資家なので、インバースは買いません!

ちなみに、下落トレンドを予想するときは、私はVIX先物を買います。

相場が平穏なときに仕込んでおくのです。

ママコアラ

これなら群集と逆の行動がとれるので、逆張りの私のメンタルコントロールにはとってもいいのです。

VIX指数(恐怖指数):投資家が株価の先行きにどれほどの振れ幅を見込んでいるかを示す指数

信用取引はいたしません!

私は逆張り投資家なので、悪材料、決算落ち等の株価下落時に株を買います。

その場合、買った後も下がるということを覚悟しなくてはなりません。

群集が悪材料を忘れて株価が上昇に転じるのを待つのが私の基本戦法なのです。

そのためロスカット(損切り)ラインをゆるめに設定しています。

だから、

0以下がある!つまり借金をつくる可能性のある信用取引はいたしません!

指値はいたしません!

指値買いを狙っていたら、結局株価が上がって買えなかった。反対に指値売りを狙っていたけど、売り遅れて株価が下がったという経験はありませんか?

ママコアラ

私は多々あります!

大きく儲けたいのに、小さなストレスはいりません!

なので指値はいたしません!

株を売買する時は、成り行き。つまりその時点でついている価格で行うことだ。

株は4分の1ポイントにこだわって投資してはいけない。もっと大きなスタンスで投資すべきだ。

引用文献:オニールの相場師養成講座 パンローリン社 ウィリアム・J・オニール

ちなみに、逆指値は禁止にはしていません!

IPO投資はいたしません!

私だって、店舗のある大手証券会社の大口顧客だったらIPOやりたいです!「〇〇買いませんか?」って売ってくれるのですから。

しかし、ネット証券の小口客である私がIPO投資をするとしたら、いろいろな証券会社で口座を作ってポイントを稼ぎ、当選するのを待つしか手段がありません。

その手間を銘柄分析に使いたいのでIPO投資はいたしません!

むしろ私がやっているのは、IPOで注目された株の暴落待ちです!

ママコアラ

今年のIPO銘柄をストックしておいて監視し、みんなが忘れたころに買うのです!

優待クロスはいたしません!

優待クロス:同一銘柄の売りと買いを同時に行い、株価の変動による損失リスクをゼロにし、株主優待を得る方法。

資産運用をしている方にはおすすめですが、私にとって資金拘束をされる優待クロスは悪です(笑)

暴落待ちの逆張り投資家にとってキャッシュポジションは何より大事!

いざというときに買いに向かえないのは致命的!

なので優待クロスはいたしません!

貸株はいたしません!

貸株とは、保有銘柄を証券会社に貸してその貸株金利を得るサービスのことです。

ママコアラ

あれ?お得じゃない?

お得です!しかし私はやりません!

貸株にもデメリットがあるのです。

①確定申告が必要なケースがある

正確には、給与所得が2000万円以上、給与所得・退職所得以外の所得(貸株金利・配当金相当額含む)が20万円を超える場合など、一定のケースに確定申告義務が生じます。

残念ながら私はそんなに高給取りでもないし、20万円を超えるほどの貸株金利が得れるわけでもないので、確定申告は不要と思われます。

②売り遅れる

人間は将来得られるであろう利益より目先の利益を優先してしまいます(現在志向バイアス)。微々たる貸株金利が欲しくて、売り遅れてしまうリスク、塩漬け(長期含み損)しているのに貸株金利で安心してしまうリスクがあります。

③投資者保護基金の対象から外れる(分別管理も対象外)

貸株に出している期間は、株式の名義は証券会社に移るため、仮に証券会社が倒産しても、その証券会社を通じて買った資産が補償される「投資者保護基金」の対象から外れてしまいます(貸株中の株券が返却されないおそれがある!)。

ママコアラ

これは怖すぎる!

④長期保有特典のある優待はもらえない可能性がある

各証券会社のサービスに、貸株中も株主優待の取得を優先するという設定がありますが、長期特典は取りこぼすリスクがあるそうです。

⑤配当金が配当金相当額になる(雑所得として課税される)

配当の権利確定日に自動的に貸株を解除してくれる証券会社とそうでない証券会社があるようなので注意が必要です。

以上を踏まえ、証券会社倒産リスクヘッジのため貸株はいたしません!

ただし、恩株に関しては貸株をしています!証券会社が倒産し、貸株中の恩株が紙切れになっても、トータルで考えると損をすることがないからです!

詳細はこちら☟

プロおすすめの禁止ルール(ファンドマネジャー視点)

20年以上運用成績トップクラスのカリスマファンドマネージャー、山本 潤さんの著書「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」を参考にしました☟

1.信用取引

投資のおける「制約」は負けを意味する

投資家は、最も自信がある取引で破産してしまう

信用取引には、金利コストの制約・時間的制約(6か月後に反対売買をしなければならない)・資金的な制約(借金する可能性がある)・精神的な制約がかかります。

ママコアラ

投資に必要なメンタルコントロールに悪影響があります。

2.集中投資

投資に絶対はない以上、集中投資はリスキーでしかない

著者は、投資額の25%以上を1銘柄に投資することを集中投資と定義されています。ファンド時代は、最大保有割合は8%程度だったそうです。

私も集中投資はやらないように心がけています☟

3.回転売買

回転売買とは、買っては売りを繰り返すことです。

著者は手数料がかかるという理由で回転売買禁止とおっしゃっていますが、私は長期投資家ではないので、回転売買はOKにしています。

ただし、逆張りなのでそんなに頻繁に買うことも売ることもありませんが…。

4.空売り

著者がプロとして空売りを研究し、実践した結果、ロングオンリーの方が儲かると判断したそうです。

5.小型株への投資

大企業と小企業を比べると「顧客」「地域」「体力」はすべて大企業が上回ります。

小企業はグローバル経済の拡大の恩恵を受けられない。

中小型株投資は、小資金の個人投資家にとって夢があるもの!むしろ私は中小型株メインでやっています。

6.IPO銘柄への投資

上場間もない企業には、過去の業績のトラックレコードが3年しかなく、実績が判断しにくいからだそうです。

ママコアラ

私は株をギャンブルだと思っていますが、業績の判断もできないまま買うのはさすがに怖いです。

プロのファンドマネジャーの視点での投資の禁止事項について書きましたが、デイトレなど手法が違えば禁止ルールも変わります。

しかし、

自分にあった投資ルールをみつけて、それを遵守することはすべての投資家にとって大事だと思います!

これは私のルールであって、最適解ではありませんのでご注意下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました!

私は投資助言業無資格者です。この記事は自分の忘備録として書いています。投資の際は自己責任でお願いいたします。

おすすめネット証券はこちら☟

よかったらシェアしてね!
読みたいところへどうぞ
閉じる